広島広域公園陸上競技場

より野心的な神戸に引き抜かれたことを他人のせいにすることはできないが、清水はそれに相当する補強をしなかった。ファンを失望させた。彼らはタイのナンバーワンセンター、ダンダを導入したが、この紳士はレンタルで広島でプレーした過去の経験がありませんでした。大分は一昨年のJ2出場時に主力センターの後藤祐介選手を獲得しており、ロールプレイヤーとしての資格はあるが、決して本命ではない。アウグスト(郭安ミッドフィールダーと同姓同名)ともう一人のオールラウンドミッドフィールダー、リウピン・グアンチェンが同時に欠場しており、無防備なミッドフィールダーが守備へのプレッシャーを増大させていること、もう一つは監督の篠田善之による兵力の行使である。確かに攻撃するのは合理的な考えですが、その直接的な結果はバックコートの危機を悪化させることです。

フォワードにはゲルデスと山田裕人の3人がおり、後の2人は身長1メートル85を超える。 マリノス ユニフォーム 2015年シーズンには、王允と李建斌という2人の新助っ人が正式に加入し、グリーンランド神花に加入した。清水の不安定さは監督だけではない。今冬、攻撃の絶対的核だったドウグラスを失った。元広島サンフレッチェの主力外国人助っ人は昨シーズンリーグで14得点を挙げた。ラウンドで世界の波を打ったのは彼だった鳥栖サンドストーンと対戦し、降格枠を確保した。正センターが長澤駿しかいないチームなので、赤崎秀平とアレクサンダー神戸ビクトリーシップを一気に契約し、主力はエニスタ、武藤嘉紀、槙野智章ら有名選手を揃えた。対する横浜マリナーズはリオ・シアラ、中川輝人、岩田智輝、西村拓真ら打線が充実している。

名古屋グランパスは今シーズンから今日までプロリーグ通算21試合を戦い、11勝6分4敗、29得点19失点で、日本プロリーグでは勝ち点1差で3位に位置しています。前横浜マリナーズに次ぐ首位で、勝てば前横浜マリナーズを勝ち点3で上回り、後者の鹿島アントラーズも勝ち点3に迫り、このうち名古屋グランパスはホームで7勝5敗となっている。引き分け0敗、18得点9失点で日本リーグ1位。サッカー代表チームはアジアカップに向けた23人のメンバーを最終決定し、廖立生が馮暁廷のリストに選ばれたが、数人のベテランがチームを離れたが、これは長期的には悪いことではない。

最も重要な補強はクエンカの加入で、元バルセロナのウインガーは昨シーズン鳥栖の攻撃的存在であり、今回の加入はサイド攻撃の重要な起点にもなるだろう。大阪さくらのチーム構築コンセプトは多くのクラブに認められています。今シーズン、チームは知名度の高い篠田義之氏に代わってオーストラリア人のクラモフスキー氏を起用し、やり方を変えるつもりだが、41歳の若い監督の指導歴はオーストラリアU17代表チームだけに言及する価値がある。横浜マリナーズでアシスタントコーチを務めるなど、クラブの指導者としては新人といえる。幸いなことに、最終結果は良く、仙台は降格争い相手との勝ち点6差争いでも基本的に後れを取ることなく、重要な戦いでの素晴らしいパフォーマンスで最終的には無事に通過することができた。

エスパルス ユニフォーム詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。