契約期間は5年です

しかし、2006 年は失望の年ではなく、全北現代チームがクラブ史上初の 鹿島 アントラーズ ユニフォーム コンサドーレ ユニフォーム AFC チャンピオンズリーグ優勝を果たし、この栄誉を獲得しました。 準々決勝では全北現代が中国の上海申花を2ラウンド4-3で破った(1回戦はアウェーで0-1、2回戦はホームで4-2)、準決勝では全北現代が上海を敗退した。神花 2 ラウンドで 6-4 同じく韓国プロサッカーリーグに所属する蔚山現代 (第 1 戦でホームで 2-3、第 2 戦でアウェイで 4-1); 最終的にシリアサッカースーパーでホームズ・ノーブルを破ったリーグ最終2ラウンドで3-2(ファーストレグはホームで2-0、セカンドレグはアウェイで1-2)で勝利し、2006年のAFCチャンピオンズリーグのチャンピオンとなった。

2004年末、磐田ジョイの山本正宗監督は若手選手の起用で出場機会を減らし、代表に再選出され出場機会を増やすため、藤田は名古屋グランパスへ移籍した。同年、全北現代は韓国プロサッカーリーグでわずか12位に終わったが、2005年の韓国プロサッカーリーグでは13チーム中下から2番目にランクされた。チェ・ガンヒ氏が2005年7月に監督に就任すると、全北現代の2005年韓国FAカップ優勝に貢献した。カップ)チャンピオン。2011年のAFCチャンピオンズリーグでは、中国の山東魯能、日本の大阪さくら、インドネシアのアレマと同組で、第1ラウンドでホームで山東魯能を1-0、第2ラウンドでアウェイで4で山東魯能を破り、アレマに-0で勝利した。 、3回戦でアウェイで大阪さくらに0-1で敗れ、4回戦でホームで大阪さくらに1-0で勝利、5回戦でアウェイで山東魯能に2-1で勝利、そしてホームで山東魯能に2-1で勝利した。第6節 アレマを6-0で破り、5勝0分1敗、得点14、失点2、勝利12得点、勝ち点15を獲得、グループ初出場、1/8決勝は3-ホームで1回戦0敗 天津泰達敗退、準々決勝2回戦で大阪さくら9-5敗退(1回戦アウェイ3-4、2回戦ホーム6-1)、ジェッダユナイテッド敗退 5全北現代のホームである全州ワールドカップ競技場で開催された2011年AFCチャンピオンズリーグ決勝戦、準決勝の2ラウンドで-3(第1ラウンドはアウェーで3-2、第2ラウンドはホームで2-1), 全北現代はカタールのサードと2-2で引き分け、PK戦の末2-4で敗れ、AFCチャンピオンズリーグ優勝を逃した。

2003年6月19日、サンドニのスタッド・ド・フランスで行われた2003年コンフェデレーションズカップの開幕戦で、日本がニュージーランドに3-0で勝利した試合で、中村俊輔は左足シュートとヘディングシュートで2得点を挙げた。この頃、全北チームは依然として経営難に陥っていたが、1994年12月、ついに韓国の自動車大手ヒュンダイが全北チームに正式加入し、チーム名も現在の全北現代に改名された。 2013年、ブンデスリーガのニュルンベルクは、大阪さくらでプレーしていた扇原貴宏に冬の移籍市場での紹介を期待して正式オファーを出した。「韓国の監督は、サッカー代表チームとの契約は高価だと考えている。もし契約してくれるなら、それは良いことであり、お金が必要だ。彼らはレギュラーシーズンで17勝6分け5敗で59ゴールを記録した」 59得点、33失点で決勝戦(英語: 2009 K-League Championship)、そして2009年韓国プロサッカーリーグプレーオフ(英語: 2009 K-League Championship)決勝2回戦で城南一和に3-1で勝利(第1戦アウェイ0-0、第2戦ホーム3-1)で、2009年韓国プロサッカーリーグ(英語:2009 Kリーグ)優勝を果たした。

メルボルン・シティは攻撃的なスタイルを持ち、ここ6試合で得点と失点を記録している。相馬選手は大学4年生で6得点10アシストと活躍し、フットワークの良さを買われて名古屋グランパスに指名され、2019年に大学卒業後に入団しました。 2011年の韓国プロサッカーリーグ(英語:2011 Kリーグ)では、全北現代が18勝9分3敗でレギュラーシーズン1位、得点67、失点32、得点35で直接1位となった。 2011年韓国プロサッカーリーグ(英語: 2011 K-League Championship)決勝戦に出場し、2011年韓国プロサッカーリーグプレーオフ(英語: 2011 K-League Championship)決勝2ラウンドで蔚山現代タイガースに4-2で勝利(アウェーのファーストレグで2-1、ホームでのセカンドレグで2-1)、2011年韓国プロサッカーリーグ(英語: 2011 K-League)優勝を果たした。 2010年に福岡大学卒業後、鳥栖サンドストーン、2016年に神戸ビクトリーシップに加入し、今季は29試合に​​出場し2得点を記録した。